50歩100歩って本当に差がないのか検証してみよう。

スポンサーリンク

そもそも50歩100歩の意味を知らない人がいるかもしれないね。あまり使ってる人見たことないもん。でも今回は気になったのでちょこっと調べてみたよ。


50歩100歩の意味をおさらいしよう

さてさて、みなさん「50歩100歩」という言葉をご存知でしょうか。大差が無い、変わりがないという意味ですが、Web情報によると、結構間違って使われることが多いみたい。悪い意味で使わないといけないみたいですよ。

このページによると、中国の故事「戦場で50歩逃げた奴に100歩逃げた奴を笑う資格はない」という言葉が由来なんだって。別のページによると、大きすぎる差には使えないとのこと。つまり、「5分遅刻も10分遅刻も50歩100歩だ」みたいに使うみたい。


とはいえ、どのくらい差があるの?

と思ったので、単純に50歩と100歩の差を確認してみよう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが50歩と100歩の違いだ。写真の真ん中にまっちゃんとフタさんの姿が見えるだろうか。どちらも見にくい

ちなみに市街地というポイントを選んでしまったため「横から見た差」が撮れなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが50歩と52歩の差。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこれが50歩と100歩の差。ほとんど一緒だ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほとんど一緒だ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほとんど一緒だ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ほぼ一緒だどちらも見えない。確かにこんな感じだと、逃げたのが50歩でも100歩でもどちらも米粒になってしまうから見た目に変わりはない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに戦場から50歩と100歩の差がある場合、2人が同時に全力で王様を守りに帰って来ると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

王様アアァぁぁぁぁaaaシュタタッタタタタ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

aaaaシュタタタタタタ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

約5秒の差が生まれる。5秒という時間、これは戦場で割と大きい差になる気がする。


まとめ

50歩100歩という言葉の正しい意味は「悪い意味」「大きな差がないこと」

実際に50歩と100歩離れてみると、確かにどちらも見えなくなってしまうので、視覚的な意味においては大差がない。

しかし、時間に置き換えると5秒の差があるので場合によっては大きな差となってしまうだろう。

勿論、40mくらいは差が出るので距離的にも場合によっては大きな差になる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。