人生を変える動機付けをもらったから1ヶ月キャンプ生活を18日めで終えた

スポンサーリンク

ちょっとしたご報告です。まだ18日目だけど1ヶ月キャンプ生活を終えようと思います。

その理由は2つあって簡単に言うと‥

  • キャンプ生活の魅力や島の生活を充分に味わった
  • 家族旅行の予定が入った

というものです。ちゃんとした理由は後ろで考察として載っているので興味があればご覧下さい。

今日で長期キャンプは終了します。

これからは「浮かんだアイディアを実践に変える」というちょっぴり広いテーマでやっていくつもりです。アイディアをたーっくさん浮かべてはその都度実現していきます。

でもアイディアを浮かべるためには世の中のアイディアを勉強しないといけないから、しばらくは「見つけたアイディアを実践に変える」というのも頻繁にやっていくよ。(3/25追加。笑)

クリエイティブに生きていきたいんだ。人生はたったの一度きりなのでやりたいことは全てやろうと思います!

このブログはまだまだ50年くらい続くので応援よろしくお願い致します。

 

18日間のキャンプというのは長いのか短いのか人によって捉え方は違うと思うけど、この期間でかなりたくさんの素晴らしい体験をさせて頂いたなあ。僕は本当に本当に恵まれていると思います。沖縄・座間味島でお会いした全ての方々に感謝しています。。ありがとうございました。

以下より考える時間が始まります。できごとを振り返るだけではなく、長期キャンプin沖縄が人生を変える力を持っていることや、その意味を考えていきます。


 人生を変え得る沖縄での長期キャンプ

いやあ〜、このキャンプでは本当にたくさんの出来事があったなあ。ざっくり言うと

  • 色んなキャンパー達との出会い
  • 沖縄の方々との出会い
  • 普段味わえない生活

こんな感じ。それぞれが結構濃いものだった。

1.色んなキャンパー達との出会い

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特に冬のキャンプだから尚更なのかもしれないね。出会った方々は結構変わり者が多かった気がします。変な意味ではなく、みんながみんな普通の人とは違った別々の経験をしているということ。だから話していてとても刺激的だったんだ。

例えば、地球2周分もマラソンをしているおじさん。彼はギネス記録も持っているみたい。人生に対するアドバイスも下さったんだ。そしてもう一度マラソンをやってみようと思わせてくれた。(※僕は小学1~3年生の頃毎朝5キロくらい走っているような少年だった)日本一周しているカナダの人。彼はキャンプ場でも一番長く接していたけど「のんびり生きる」ことや「ぜいたくしない贅沢」を教えてくれた。最後の方に出会ったイッキュウさん。彼は3.11の頃から旅を始め、それ以来ずーっと世界各地を旅していたんだって。彼からは「時計を外してみる生活」「人間本来の生活」の魅力を教えてもらった。生き様や考え方、行動力がカッコいいと感じたなあ。

初心者の僕がキャンプ始めた頃はそういった色んな人たちと出会うと、まず自分と照らし合わせてた。自分と比べて相手はどんな人だろうって感じの考え方をしていたんだ。でもそれは良いことではない。自分と比べてどう、と考えるとせっかくの相手と関われる時間の中で自分を見ている時がある。今目の前にいる人と一緒にいられるのはせいぜいその時くらいしかないから、いつも一緒にいる自分を見るより相手から何かを吸収するほうがいいよね。人と関わって得たものを自分との時間へ持ち帰って、それからその人の良かったところや自分と違うところなどを分析にかければいいんだよ。僕も最初はそうはいかなかったけど最後は相手に目を向けることが出来た。自然とそうなった感じもあるんだ。なんせみんながあまりに自分と違うから比べても意味が無かったんだよね。

この18日間のキャンプでは15人くらいのキャンパー達と出会った。みんな違う境遇の人で面白かった。それぞれのいい考え方を3~4個ずつ自分のものにしただけでも50個以上の良さが蓄えられる。これは人間的に成長することに繋がると思う。そしてキャンプ場を経営している方にも出会って聞いたんだけど、ここのキャンプ場は日本全国のなかでもかなり良い場所なんだって。だから面白いキャンパーも集まりやすいのかなあ。

2.沖縄の方々との出会い

これは本当に楽しいものだった。道で話しかけてくれれ方々・お店のオーナー・民宿のご主人・建設現場のおじさん・キャンプ場の方々・フラダンスの綺麗なお姉さん方などとーってもたくさんの人に出会えた。そしてみんながみんな優しくしてくれたんだ。例えばお店のオーナーの方は僕に贅沢なごちそうをしてくれたりシーサー作りを体験させてくれたり嬉しかった。民宿のご主人は安くレンタルをさせてくれてその後民宿にてお酒をごちそうしてくれたんだ。またいつか皆さんに会いに行きたいなあ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

建設会社の方はとてつもなく優しくしてくれたんだ。仕事が休みだからと言って島を案内してくれて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わざわざ古民家やビーチなどをガイド付きで紹介してくれたり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人生で初めてスクーターに乗っけてくれたり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

貧乏生活の僕に晩ご飯をごちそうしてくれたり、大量の差し入れをくれたり

IMG_3779

帰りの飛行機代が無くなったときに仕事をくれてお給料たくさんくれたり、お風呂に入れない生活が続く僕にお風呂を貸してくれたりと、本当にたくさん良くしてもらったんだ。なんて嬉しいんだか。この恩は忘れたくても忘れることができないなあ。ありがとうございます。

沖縄の方々と触れ合ってここでもやはり、たくさんの発見があった。特に印象的だったのが「村民同士の繋がりの濃さ」だなあ。村民同士はみんな顔と名前が分かってるんじゃないかって感じだった。道ですれ違ったらお互い呼びかけたり、僕が村民の見た目の特徴言ったらすぐ誰か分かったり。誰が今何してるか把握してたりするひともいたなあ。小さい子達は元気よく挨拶していることが多かった。観光客の僕にまで挨拶してくれた。とてもあたたかい気持ちになれました。

沖縄という場所は東京とは全く違う。そりゃ当然だろうと思うでしょう。でも想像以上に違うところなんです。時間の流れ、人々の考え方が全然違うんだ。気候も違います。だから基本的に驚きの毎日を過ごすことができます。これは完全に日常とは違うから海外に来たような感覚すら持てる気がしたよ。

一番いいなあ、と思ったのが「子供達が走り回っている」こと。遊び場だけではなくイベント会場でも走り回っている(笑)。のびのびとしていて子供らしく育つことが出来ると思ったなあ。昔住んでいた福島がちょっとそれに近い感じがする。憶測だけど田舎だから似ているのかな。

3.普段味わえない生活

これが一番重要だと思うんだ。長期キャンプ生活は、普段味わえない生活をすることで初めて意味があると思う。自然の豊かさ、不便さ、貧乏さ、新しい出会い。それらがかけ算のようにかかわり合って価値を作っているんだとおもう。

今回の旅は18日間だった。でも最後の方は単なる旅行になっていった気がする。個人的に旅行と旅は全く違うと思っています。

旅行=何かを新しく体験することor楽しむ為にどこかへ行くこと。

旅=何かを新しく体験し噛み砕いて自分のものにすることorちょっと辛い体験の中に身を置いてどこかへ行くこと。

とても簡単に言うとこのくらいの差はあると思っています。

旅を始めた時は本当に新鮮なもので溢れていて、毎日新しく自分のものになっていきました。そしてある一カ所に滞在を続けているとだんだんその場所の本当の良さが分かってきます。深いことにも触れられるのは本当に良い旅だと思う。でもそれより長くいると”非日常”的な部分に慣れてそれが日常になってくる。そこでまた新しい何かに出会い続けていけるようなチカラが僕にはなかったということです。しかも一カ所に滞在するキャンプはだんだんと居心地が良くなってしまうもの。最終的に実家と同じくらい居心地がよかった。これではわざわざ遠くにいる意味は無い気がしてしまったのです。

結局のところ1ヶ月の間、辛い生活をしながら毎日何か新しいものに出会えそうになかった僕。そろそろ帰ってこの旅で得たことをまとめたいと思い始めていました。そんな頃、母から電話が来ました。話していると「家族旅行」がそろそろあると。長期キャンプを決めたのは本当に突然。旅立つ2日前に家族に言ったくらい。だから他のことなんて全く考えず始めたから、なんと日程が被っていたってわけ。そしたらもう帰ろうとすぐ決まったわけです。家族旅行は滅多にできないのでその時間を大切にしたいと思ったんだ。

そんな感じでこの旅を終えてしまったけど、得るものはたくさんあったし、自分の人生を刺激的な方向に変えてみたいと思えた。だから個人的には満足。

何もかも東京とは違う。ちょっと辛いキャンプ生活も出来る。色んなところから個性的なキャンパーが集まる。これだけの要素があるからここでの長期キャンプ生活はかなり良いものだと思うなあ。その場所で色々な刺激を受け続けたら「人生を変えてみよう」と思うんじゃないかなあ。

かなり長くなってしまったけどこれで考察はおわり。この文章考えていたら2日もブログ更新できませんでした。

これからも色々なことに挑戦していくので活躍をたまに見てやって下さいな。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。